スポンサーリンク

今日は備忘録的内容です…

 

昨年のクリスマス、
岡部みつるさんからのプレゼント!

 

静岡大会に撮影でいらっしゃっていたのですが、
その時私の事も撮って頂きこのように
パネルにして送ってくださいました( ;∀;)

 

岡部さんに撮って頂けるなら
もっと仕上がった状態が良かったなぁ~(笑)

 

でもすごくすごく嬉しい!
岡部さんありがとうございました(*^^*)

 

そしてそして、先月号の月ボ!

 

 

中尾審査員長のご講評

 

中尾審査員長からは

ピックアップ、予選、決勝まですべてで、

目についた選手(上位予想?)として

名前を挙げて頂いていました。

 

特に

・フロントスタンス
・バランス
・プロポーション
・動きのしなやかさ
・サイドスタンスでの広がり

このような点について評価頂き、

大変うれしく思いました(^^)

 

中尾審査員長から評価頂いたこと

励みにしつつ今年はもっともっと

レベルアップしたいと思います!

 

体についてはこのプロポーションを保ちつつ

さらに全体的に筋量アップをしていきます

 

本野先生からは

今年は49.5㎏くらいでの仕上がりを目指したいね

と!

 

去年の仕上がりは46.5㎏でしたので、

そのくらいで仕上がれば約3㎏増!!

今の体の感じからみて、

可能性は十分あると思います!

ここからまだまだ伸ばしていきます\(^o^)/

 

ポージングについては、

昨年の自分の中での課題はクリアできたと思います

 

フロント・バックポーズはかなり改善されたと思います

1つ課題なのは脚のスタンスです

 

中尾審査員長も書いていらっしゃいましたが、

国際ルール的にも

 

仁王立ち(昨年まで流行っていたロシア流?のフロントスタンス)はNG

 

これは昨年国際大会でも結構厳しく指導していたようで

世界フィットネスの前にもIFBBの公式SNSで

”脚のスタンスはルールに準拠してください”

とアナウンスしていましたし、

世界フィットネスでも係員が舞台上でしきりに

正しいポースが取れていない選手に対し

ポーズを正しく取るように指導していました

 

今年のオーバーオール、

リトアニアのラモーナ選手は

特に仁王立ちが目立っていたのですが

 

 

ラモーナ選手もしきりに指導にあっていました(^-^;

 

このスタンスはロシア流、と言われていますが、

 

ナタリー選手や

 

アン選手はしっかり片足重心で取っているので

ロシアでも一部の選手⇒それを真似した他国の選手という感じかと思います

 

多分一番の原因はロシアがとかいうわけではなく

プロ選手がほぼ全員仁王立ちだからじゃないかと…(笑)

片足重心で取っていたプロ選手でも

他のプロ選手に合わせて仁王立ちに

大会を経るごとに変えている様子も

私は昨年目撃していました(笑)

 

 

私も片足重心は意識していたのですが、

 

写真で見ると仁王立ちっぽくみえますね(汗)

もう少し片足重心とはっきりわかるように改善が必要です

 

スタンスを広く取っていたので

片足に体重を乗せていても

重心が真ん中の方にあるように

見えてしまっています( ;∀;)

 

上体はしっかりと正面に向けたまま

このようなフロント&バックポーズが取れるように

練習したいと思います!

 

ちなみに私が個人的に

ポージングがきれいで好きな選手は

上の写真右側のクセニア選手(ロシア)です♡

 

フロントもバックもいいですが

このサイドポーズ

軸がまっすぐ一直線に立っている上に

背中からお尻にかけてのこのライン

パーフェクトです♡♡

 

このように取るにはもっと

お尻の筋肉を付けないといけないです

あとは腰の柔軟性も必要

 

クセニア選手はクォーターターンの間の

つなぎもシンプルながら

指先までとてもエレガントです

 

昨年からプロに転向し、

プロの世界選手権で第4位になりました

 

今年は昨年よりさらに

全体的にレベルアップし

またガラリと進化した姿でステージに

上がれるようにしたいと思います\(^o^)/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事