スポンサーリンク

※アメブロに2017年12月4日に投稿した記事の転載です。

 

とうとう今年も1ヶ月を切りましたね

早い滝汗

12月からさらにトレーニングも食事も

しっかりやっていこう!…と思った矢先、

不覚にも少々風邪をひいてしまいましたガーン

熱とかだるさはないものの

痰が絡んでせきがでて苦しいですゲロー

私は気管が少々弱く、

咳が出だすと止まらないので

今週まだジムに行けていませんえーん

さらに声もかれててオカマ声です真顔

早く治してトレーニングしたいゲホゲホ

今日は家で肩トレしようと思いますキラキラ

先週末、フランスにて世界フィットネス選手権が行われましたフランス

昨日ジムに行けない代わりに

youtubeで動画をチェックしていましたPC

体のつくり方やポージングについてじっくりと観察目

158cmクラスキラキラ

私と同じ身長のクラスのトップ6

優勝まじかるクラウン

予選、決勝とも1位

2位

予選、決勝とも2位

3位

予選は同率5位、決勝3位

この選手が3位だったのは少し驚きでした

この選手のフィジークはとても素晴らしいです(個人的にも好き)

でもビキニのカテゴリーにしては

肩や腕が発達しすぎているように思いました

1人で写っている写真だとそんなこともないようですが、

ピックアップからものすごく1人だけ目立っていました

フィジークはいいけどビキニのフィジークかと言われると少し度を超えている

予選での評価の低さはそこにあったと思うのです

でも決勝は予選の評価は入らないため

ステージングの良さから3位に繰り上がった

そんな印象でした

全体的に見ていても過度にマッスルが発達していたり

太もものカットがキレキレというような選手は

予選での評価が低かったように感じます

大体は決勝に進めない選手がほとんど

でもこの選手はそれ以外の部分が素晴らしい

体幹から下半身の仕上がりはビキニらしく

サイドポーズがとてもきれいに決まっていました

ステージングも優雅で表情がありましたし

そういう部分で決勝に残り、

順位を上げたのかな?と思いました

今回の大会動画をチェックしていて

私自身どこまでアウトラインを大きくするのかなど

非常に勉強になる部分が多かったです

今までもやもやしていた点が、

かなりクリアになったような気がします

160㎝クラスキラキラ

162㎝クラスキラキラ

私がずっと理想の体に掲げている彼女

Elizaveta Mukminovaが出場!

結果は準優勝ダイヤモンド

彼女は今年、出る大会出る大会で優勝し

エリートランキングもかなり上位(6位だったかな?)

下馬評でも優勝と目されていたと思います

なので準優勝という結果はかなり悔しかったよう

大会後彼女のインスタグラムの投稿には

 You know that I am a perfectionist by the nature

therefore for me there are no places, except the first

therefore I am a little upset.

(ご存知の通り、私は生まれつきの完璧主義者なので

一位以外はないようなものです。

だから少し動揺しています。)

こんな一文が・・・

ロシア国内でも超有名なビキニスターである

彼女でも難しい世界の頂ですショック

優勝したのは同じロシアのHanna Kulinichでした!

2人は予選は同率、決勝はわずか2ポイント差でしたコインたち

勝負は何があるか本当に分からないですね!!

164㎝クラスキラキラ

166㎝、169㎝、172㎝クラスの写真が見当たらなかったあせる

172cmクラスは今年のアーノルドアマチュアUSAで

オーバーオールを獲った、私も大好きな

Ekaterina Laptevaが危なげなく優勝まじかるクラウン

ふわっとした上品な雰囲気と

手や脚さばきがとても優雅できれいなんですピンクハート

アーノルドのオーバーオール優勝が決まったときの

え?私???

みたいなリアクションが彼女の人柄を表しているようで

すごくかわいかったですおねがい

そしてover172㎝クラスキラキラ

今年本当に強かったNatalia Lugovskikhがオーバーオールも優勝

妖艶なカリスマ性のある雰囲気は彼女だけのもの!!

そしてオーバーオールは1名を除いてすべてロシア選手びっくり

ロシア勢強しビックリマークビックリマークビックリマーク

ビキニファンとして見応えのある大会でしたウインク

 

スポンサーリンク
おすすめの記事