ブレインダンピング、岐路、大切にしたいこと
スポンサーリンク

こんばんは(*^^*)

今日はクリスマスですねー🎄

 

 

今年はホワイトクリスマスでした(^-^)

 

 

お家でクリスマスっぽい料理をして食べました

外食よりも自分で作った方が
自分好みの料理が食べられる(*^^*)

 

 

 

sugar free・gluten free・dairy free

なカボチャのパウンドケーキを作りました

アガベシロップを使ったのですが
アガベも極力少なくして
カボチャやコジベリーの自然な甘さのケーキ

 

すごい簡単だったし
とても美味しくできました(^^)/

 

外に出かけるより家でこうやったほうが
なんかクリスマス感があったかもー🎅

 

早いものでクリスマスが終わったら
もうすぐに今年も終わり(;´Д`)

 

 

ということで、
世界フィットネス挑戦記はちょっとお休みして
(年内にはこれも全部書き終えたい、頑張る)
今日はとりとめのない自分の頭の整理を
頭の中も年末大掃除です 笑

 

なのでいつも以上にあまり読む価値ないかもです
(そして最初の方前も書いたかもしれない)

 

********************************

私は最初ダイエット目的で筋トレを始めたのですが、
当初筋トレはいくつかの選択肢のなかで1番最後の、
できれば手を出したくないものでした
筋トレをしようと思った時というのは、
食事や有酸素運動といった筋トレ以外の
考えつくあらゆる方法を試し、
どうも自分がなりたいように体が変わらず、
もう筋トレ以外方法が残っていないとなったのですが、
できればやりたくないと思っていたので気が乗りません
うだうだと悩み、最終的には
このまま筋トレをやらない人生とやってみた人生
というダイエットにしてはやけに壮大な
テーマにくくりつけて考えたのです
やらない人生はすぐに想像できました
現状の延長線上だからです
やってみた人生は全く想像できませんでした
何が起こるかわからない
それまで、なんとなく無難で先が見え、
社会的に私がこうあるべきと期待されているであろう
(と勝手に考えた)選択を繰り返し今に至り、
自分に満足できず、自分を認められない自分がいる
じゃあ試しに1度何が起こるかわからない方に
進んでみたらどうだろう?
もしかしたら楽しいかもしれないし、
想像できる未来はつまらないからもういやだなぁ
筋トレを始めるという決断は
私にとってはわりと勇気のいる人生の選択でした
(文章にしてみるととても壮大に聞こえる)
筋トレを始めてからこれまでの自分には、
やはりそれをする前の自分では
全く想像の出来なかったことばかり起こりました
体が変わったのはもちろん、
ものすごく健康になりましたし、
周りの人や環境、他人からの見られ方も
だいぶ変わったと思います
さらにはビキニフィットネスという、
昔の私からは全くもって
想像だにしないような世界に飛び込み、
本野先生と出会い、世界の舞台に立ったことは、
あの時何が起こるかわからない方へ進んでみよう
と思わなかったら実現しなかった尊い体験です
あの時の決断以来、私の人生は
大きく好転してきたと思っていますし、
何より、自分で自分の過去も今も認め、
赦す
ことができるようになってきて、
(これがとてもとても大きいと思う)
生きるのが楽しくなりました
筋トレや競技を始めてからも、
嫌なこと、辛いこと、悲しいこと、
理不尽なこと、がっかりすることも、
涙することもたくさんありましたけれど、
始める前の毎日に比べれば、
毎日がとても充実し、
生き生きと過ごせてきたと思います
昔は何事もネガティブな考えに結びつけ、
ほらやっぱり、どうせ、
と思う癖が染み付いていたのが、
どんなことも自分のプラスに変えてやろうというほど
強い気持ちを持てるようにまで、性格まで変わりました
それ以来私の中にいくつかの大切にしたい、
大きな思いというのがあります
1つめは、振り出しに戻りたくないということ
今までやってきたことを全て手放して0に戻る
ということはしたくないのです
どういう道を進んでも、
一つ一つのことを否定したり捨てたりするのではなく、
積み重ねていける人生にしたいということ
始めたことを簡単にやめないこと
2つめは、今後もし同じように岐路に立った時も、
どうなるか想像のできない方に進もうということです
これは単純にその方が楽しいと思ったから
どうなるか分からない方を選ぶというのは
リスクがありますし、
先行きが分からなくて不安にもなりますが
私はこの方が楽しいなぁと思ったので
迷ったらそうすることにしよう!
と思っています
3つめは、正しいかではなく楽しいかで決めること
これは以前にもブログで書いた
これ、今見返してみて、
ちょっと忘れかけてたかもなと思った
人ってすぐに忘れる生き物
”正しい”とか”正解”ってあってないようなものなんだよね
これって見方、考え方、その時の状況によって
コロコロ変わっちゃうもの
正解があるのは学校の勉強だけ
10人いれば10通り(かそれ以上)の正解があるし
1人の人間の中にもいくつもの正解がありうるんですよね
正解探しは聖杯探しのようなもので
聖杯なんて結局ないんです
私はトレーニングも競技も楽しいから続けている
これからも『なんでやってるの?』
って聞かれたら
『楽しいからやってます!』
って胸を張って言えてるようにしたい
本野先生との取り組みは本当に楽しいです
先生と話し合いながらやっていると
私の中では競技がアドベンチャーみたいなんですよね
一人でやっていた時も楽しかったけど
先生のもとでやるようになって楽しさが倍増しました
先生からもずっと『一番は楽しむこと、楽しくね』と言われています
これからも楽しく続けたい
楽しいから続けられるでありたい
(”楽しい”と”ラク”は別物ですよ)
これは競技に限らず、なんでもそう
4つめは、自分の機嫌は自分でとること
これは去年すごく訓練した
(でもまだまだです、難しいもん)
それは、昔偉い人の話ですごく心に残っているこの話を聞いてから
(これもどっかで前ちょろっと書いてるはず)

 

幸せってね、不幸とは感情なんです。
不幸とは湧き上がるものなんです。

自分は不幸なことばっかり考えちゃうっていうけど、
考えてないから不幸になるんです。

人間とは不幸なことを考えるようにできてるんです。
不幸を考えるようにできてるの。

で、幸せとは意思なの。

分かるかな?
幸せっていうのは、どうしても幸せの方に持ってくの。

今日もご飯が食べれて幸せだなとか、
朝起きられて幸せだなとか。意思で持ってくの。

だから、意思とは人間の舵なの。
私たちは舵が付いてるの。

感情的に生きるのが人間らしいっていうけど、
サルでもなんでも感情的に生きてるの。

人間だけが意思がある。

人は上機嫌で生きる。
私はとんでもないまずい料理が出てきても上機嫌なの。
そんなことで機嫌を崩しちゃいけないの。

だから日本中から私に会いに来てくれる人がいるけど、
今日機嫌が悪かったり明日機嫌が悪かったりしたら周りの人が大変なの。

私に会って機嫌が悪いの見た人いないの。
だから日本中からみんなが会いに来てくれるの。

嫌なことがあっても機嫌を良くしている修行なの。

でね、この修行をやるとすごく楽しいの。

この世の中の最高のボランティアは機嫌よくしてることなの。

機嫌が悪いやつがいると周りが気つかうの。

自分の機嫌は自分でとるの。
人に機嫌取らせちゃダメなの。

自分の機嫌くらい自分でとって生きてくの。

上機嫌と中機嫌と不機嫌があるの。

不機嫌なやつには不機嫌なことがしょっちゅう起きるの。

普通にしてていいこと起きませんかって、
普通にしてたら普通の事しか起こらないんだよ。

わかるかい?
幸せってのは与えられた幸せは全部逃げてく。全部裏切るんだよ。
人から与えられるものじゃないんだよ、幸せってのは。

幸せとはものじゃないんだよ。
幸せとはその人が気づいて感じるものなんだよ。

中にはね、「あなたみたいに大金持ちになってるから幸せなんでしょ」って、
幸せだから金持ちになったんだよ。

私は金のない時からずっとこうやって生きてきたんだよ。

幸せとは饅頭分けてるんじゃないんだよ、自分が幸せと思うことなの。

私は病気してても幸せなの。

人間てね、どんな風に思ってもいいけど、自分の機嫌を上機嫌に持ってくの。

で、これができないと周りが迷惑するんだよ。
で、周りに迷惑かけるってのは、ここへ嫌な奴が来てぶすっとしてると
「あれ?怒り出すんじゃないか」って不幸は移るんだよ。

上機嫌をいつも撒いてる人間には上機嫌なことが起こるんだよ。

上機嫌に持ってく舵を持ってるんだよね。

もの食うとき黙って食ったら朝飯なんだよ、
美味しいねっていったら美味しい朝飯になるの。

それを言霊っていうの。

で、幸せってのは黙ってちゃダメなの。幸せだねって言うの。
言葉についてくるの。

神様は舵もなにもくれてるの。ハンドルがあるの。

私たちは上機嫌の修行をしてるの。
滝に打たれるのも、座禅も修行なんだよ。

でもどんな修行よりいいのは、上機嫌でいる修行なんだよ。

滝に打たれて悟り開いたっていってもどうすんの?
不機嫌で生きるの?ぶすっとしてんの?

結局上機嫌で生きるんだよ。
悟りとはね、上機嫌で生きるということなの。

最高の上機嫌で生きる修行なの。

ちょっとやそっとで上機嫌を崩しちゃいけないの、戦いなの。
で、それを私は修行だと思って生きてるの。
だから毎日上機嫌で生きることが私の修行なの。

で、長い生になっちゃってるから、ちょっとやそっとじゃ私の上機嫌は崩れないの。

で、みんなももしやる気があったら、
今日から上機嫌の修行をやってみるとね、本当に楽しい。

それでね、上機嫌で生きるようになると、もったいなくて不機嫌でいられないの。

黙ってたら上機嫌な日なんて1年の内に1日しかないんだよ。
意図的にやれば毎日上機嫌なんだよ。
1年で10年分も20年分も楽しいんだよ。

で、上機嫌でいれば奇跡が起きるの。

上機嫌な人がいれば、周りがだんだん上機嫌になる。
不機嫌でいれば、周りも不機嫌にだんだんなってくるんだよ。

あなたは何を発信してますか?

どうせなら上機嫌を撒いて、上機嫌を刈り取ろうよ。上機嫌の実がなるから。

幸せとは意思

 

 

 

これ、簡単そうでめっちゃ難しいんです

で、機嫌悪くなる時もあるのって当然だと思う
よほどこの人みたいに仏みたいな人じゃないと
一瞬たりとも機嫌悪くしないって無理だと思う

イラっとすることも、
落ち込むこともあって当然

でもそういう時に、
『あ、機嫌よくする修行!』
とかって思えたらちょっといいんじゃないかというか

フっと気が楽になる、
気持ちを早く切り替えられると思うんだよね

これは絶対そうしなければいけないとかではなくて、
こうやって考える癖がついてたら
楽しいよってことだと思う(多分)

 

 

あと、

意地でも幸せになってやるぞー!

っていうのって、なんか力強くていいなって思う

 

 

そうそう、やっぱり圧が高いって重要な気がする
なので、圧を高くするにはって考えるようにしてる

 

圧が高い行動

圧が高い言動

圧が高い服装とか化粧とか

なんかいろいろ

 

まわりに対して高圧的というのとは違います
エネルギッシュであるとかそういう表現が近いかな?

圧が高い人の近くにいると
なんか元気になると思う
安心感もある

私は最近そういう人と接することも
だんだんと多くなったような気がしてる

たぶん自分がそうしたいって思っているからだよね

 

 

圧が高いけど、謙虚で誠実、現実をよく見ている(足元がしっかりしている)

 

っていう人に私もなりたい

そういう感じの方で
目標にしたい先輩方というのも
今私の中では何人かいます

 

私はまだまだ未熟者です
意思もブレやすいし、
弱気になりがちだし、
かといって変なとこ強気だったり 笑
現実が見えなくなっちゃうことも多々あるし、、、

 

先輩方を見習って
ちょっとずつ、前に進めるといいんですが

 

 

今は私のなかでたぶん岐路、なんです

 

 

自分のなかで大切にしたいことを整理しつつ
つぎの一手を考えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事