大会1日目【2019世界フィットネス挑戦記】
スポンサーリンク

こんばんは(*^^*)

 

今日はトレ納めしてきました

宣言通り脚トレで締めました\(^o^)/

久しぶりのオフメニューのハイレップ日

オンだとやらないメニューがたくさんあり

久しぶりの刺激に脚もパンパンになった(^-^)

 

 

ここ数日内転筋の筋肉痛が抜けなくて

毎トレ終わりの走り込みがキツかったけど

今日は気持ちよく走れました◎

 

私内転筋が筋肉痛になりやすくて、、

なると数日歩くのもつらい;つД`)

筋肉痛にならなかったらいいのに~

 

今年も1年怪我という怪我もせず、

楽しく元気にトレーニングできてよかったです○

何よりやっぱり一番はこれだと思います

健康で楽しくトレーニングできているのが一番です(*^^*)

 

また来年も元気に楽しく

トレーニング続けられたらなと思います

 

 

 

それで、

少し間が空いてしまいましたが、

世界フィットネス挑戦記の続き

いよいよ大会1日目です~

 

1日目はボディフィットネス、フィットネス、

女子フィジークが行われました

ボディフィットネスは坂森香里選手が出場

女子フィジークには澤田めぐみ選手、

高原佐知子選手が出場しました!

 

 

 

大会は朝9時から開始

 

 

私は同室だった澤田さんのサポート役だったので

女子フィジークのスケジュールに合わせて少し遅めに会場入り

トップバッターの坂森さんはカラーリングの為

7時台には会場へ入られていました

 

 

私が会場につくと既にボディフィットネスの選手達が

パンプアップを始めていました

 

 

お隣フィンランドチームで準備をしていた

こちらのボディフィットネス選手に目が釘付け(♡Д♡)

 

 

ものすごく張り出した太もも!!!!

しかもプロポーションも抜群で

ウエストとのギャップをどうぞご覧ください 笑

ずーっと追っかけて写真とか動画撮っちゃったw

カテゴリー違いますが、

こんな体になりたい!って思うくらい、

それはもう素敵でした♡

 

 

細身とか言ってたんですけど

実はこの選手が今回の

ボディフィットネスオーバーオール!!

感じ的にはビキニ?と思うようなところもあったんですが

太ももは完全にビキニではなかった

ポージングをするとウエストから上体も下半身も

ギャップがすごすぎて(@_@)

 

これですよ↓↓

 

 

 

 

ジュニアでもチャンピオンになったみたいです

まだすごく若い選手みたいでした

 

 

 

 

ちゃっかり写真撮ってもらった 笑

私より身長低かった~

出番じゃないからってすっぴんが過ぎますね私…

舞台裏でもなんだこのシェイプは!と驚いたけど

ステージ上はもっとアメージングでした

 

 

世界フィットネスに行って感じたことは

ヨーロッパで評価される体は

プロポーションや筋肉の付き方のバランス

アウトラインの美しさ

そして筋肉の丸みが重要のようでした

筋肉がデカいというだけでもだめ

絞りがスゴイというだけでもだめ

 

 

 

 

客席からみたステージの様子↑↑

写真とか動画でみるより、

実際の選手達はすごく良く見えたなぁ

 

 

 

日本のトップバッターは坂森選手!!

出番前までいろいろと不安そうにされていたのに

ステージに上がったら堂々の風格で

まったく不安そうな感じがなくて!

何回も世界に出ているような感じに見えました

コンディションも抜群で身のこなしは女性らしく、

さすがでした(#^.^#)

 

ピックアップを通過し、見事10位入賞されました!

 

 

 

貴重な舞台裏からのショット

欧州選手はとにかくバックの迫力があります

ビキニフィットネスもそんな感じ

フロントはそうでも、と思ってもみんなバックがものすごい

ボディフィットネスは本当にかっこよかったです

 

 

 

大ファン、ロシアのボディフィットネススター

オルガ選手と写真撮ってもらっちゃった♡

もうね、アウトライン異次元のメリハリ

なんであんなに筋肉ついてるのに

ウエストが驚異的に細いのか(@_@)

普通に見ても細いけど

ステージでポージングするとそれはもう!

 

 

 

 

オルガ選手は第2位

1位は先ほどのフィンランド選手でした!

とにかくこの2人のアウトラインは驚異的でした

 

ボディフィットネスの後はフィットネス

アメリカもそうかもしれませんが

ヨーロッパもフィットネスがとても人気のようでした

 

フィットネスは大盛り上がりで

はじめて海外のフィットネスを見ましたが

すごくおもしろかった!!

日本では競技人口が少ないですが

ああいう感じだと人気なのも分かるなぁと思いました(^-^)

 

 

 

 

その後はいよいよ女子フィジーク

 

今回澤田さんと同室で過ごさせて頂き

当日は頼りないですが私はサポート役

間近で大会までの調整を見せて頂きました

澤田さんは当日会場に入ってから

どんどんコンディションが良くなり

というかスロバキア入りからコンディションが

良くなり続けてすごかった(@_@)

 

 

私の中の澤田さんはいつお会いしても

『明日大会ですか?』

という感じなんですが

常にそういうレベルの澤田さんでも

スロバキア入りから当日は

別人のように変わっていかれて(@_@)

本当に勉強になる事ばかりでした

 

 

淡々と着々と表彰台に向かっていかれた

選択をしていくごとに表彰台が近づいてくる

そんな感じで本当にカッコよかった

勝つ人ってこういう感じなんだって思った

 

 

ご自身はよくわからないと言っていたけど…

でもそういうことは言っていって!

とも言ってた←かわいい

から言いました 笑

 

 

 

 

 

 

澤田さん、日本人女性初世界フィットネスの表彰台

本当におめでとうございます!!!

歴史的瞬間にご一緒できて光栄でした(;O;)

 

 

 

 

 

会場からもどってお部屋で(∩ˊ꒳​ˋ∩)・*

私はこの後ポー練のための

メイク途中だったので

顔がとても中途半端 笑

そしてすごい号泣した後(;^ω^)

 

 

また滞在中たくさんお話しさせて頂けて

こういう大会時の調整のこととか

日々のトレーニング、食事のこと

それから私が今まで競技をやってきて

感じてきたさまざまなこととについても

澤田さんからの意見を聞けたり

 

 

自分の考えていたことと同じこと

まだまだ自分が甘いなと思ったこと

今後の選手としての在り方といいますか

そういうのを改めて思いなおすことが出来ました

 

 

 

このところ頭の中年末大掃除中でしたが

やっぱり結局のところ

自分にとって一番なこと

興味があるところというのは

体をよりよくしたい、

選手としてよりよくなりたい

そういうことなんじゃないかなと

 

そういう気持ちが一番なうえで

まだまだ選手としてやってみたいことがある

選手として到達したいところというのがある

だから競技を続けているのかなと

 

そして選手として活動を続けるなら

なるべくそういう気持ちだけに向き合えて

楽しく活動をしていけることが

ベストなんじゃないかなと

 

結局元々の単純な私でいいんじゃないかな

選手として何か足りないのかとか

そういうことでもないんじゃないかと

 

 

私は気持ちが前のめりに

なりすぎるところがあるので

自分の信念とか競技に対して

真剣な気持ちはありつつ

来年はもっと俯瞰しても

見られるといいかなと思います(^-^)

 

 

あとは、なるべく必要なこと以外やらない

いい意味で他力にも頼る

この間のセッションで先生に言われたのもあって

最近きっちりとした食事管理というものを

あえてやめてみてます

もうちょっと感覚的でもいいかと

管理しているときっちりやれてる安心感がある一方

それをしないといけないんじゃないか

というような強迫観念みたいなものや

それ以外の事を臨機応変にやるということが

出来づらくなっていたような気もする

 

でも細かな食事管理をしない分

口に入れるものやタイミング

体の変化や反応にもっと敏感になろうと思って

これは世界フィットネスに行ってすごく感じたこと

 

 

 

話がそれましたが…

 

 

 

高原さんは女子フィジークトールクラス

見事6位入賞!!!

優しくて強くてカッコいい高原さん

競技に対しての純粋な姿勢

当日の舞台にそれが全部現れていたように思います

 

 

この日は日本女子選手

3者3様の姿をたくさん見せて頂けて

大変貴重な経験をさせて頂きました

 

 

そしていよいよ最終日、

ビキニフィットネスの日です

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事